飲むタイミングで効果アップ!青汁のおすすめ飲み方。

投稿日:

青汁の画像

皆さんは青汁をいつ飲みますか?

実は、青汁は飲む時間帯やタイミングによって効果が変わってきます。

前提として、

青汁は薬ではありませんので基本的にはいつ飲んでも問題はありません。

ですが高い栄養素を持っている青汁を余すことなく体に吸収するには飲むタイミングが重要になってきます。

普段、意識せずに青汁を飲んでいる人は是非おすすめの飲み方を取り入れて青汁の効果をさらに高めて行きたいところです。

では、おすすめの青汁の飲み方とはどんなものがあるのでしょうか?

青汁の効果を上げるおすすめの飲み方

青汁には大きく分けて3つ飲むタイミングがあります。

1つめは「朝」。2つめは「食事の前」。3つめは「夜」です。

青汁を飲む人はおおよそ、普段摂取できていない高い栄養価を取りたい人、健康的にダイエットしたい人、体質を改善したい人など目的が分かれていると思います。

実はこの目的によって青汁を飲むタイミングが変わってきます。

朝に青汁を飲む。高い栄養価を摂取したい人におすすめ。

青汁の高い栄養素を効率的に摂取したい人は目覚めの1杯に青汁を飲むのがおすすめです。

私たちの体は朝起きた時に摂取したい栄養素として大豆などに含まれる良質なタンパク質(イソフラボン)があります。

就寝中はリラックスしている脳は、朝目覚めると同時にストレスホルモンが上昇してきます。イソフラボンにはこれを穏やかにする効果があるため、イソフラボンが多く含まれている青汁がおすすめです。

私たちの体は活発に動けるように、起床してから体温が徐々に上昇していきます。この体温上昇を妨げないように常温の青汁もしくはホットの青汁を飲むように心がけましょう。

夏場は氷の入った冷たいものを飲みたくなりますが、そこは我慢して。

そして、朝必要な、もう1つの栄養素として緑黄色野菜があります。緑黄色野菜には病気になりにくい体を作るビタミン、ミネラルが含まれております。青汁にはこのビタミンとミネラルがふんだんに含まれているため目覚めの1杯に最適です。

また私たちは就寝中にもたくさん汗をかいています。寝起きの朝一番には体が水分を求めているため、水の代わりに青汁を飲めば、青汁の栄養素も効率的に体に取り込めます。

食事の前に青汁を飲む。ダイエットしたい人におすすめ。

体重を落とした、ダイエットをしたい人は食事前に青汁を飲むがのおすすめです。

青汁には食物繊維がたっぷり入っているため、食前に飲むことで満腹中枢が刺激され、

食べ過ぎを防ぐことができます。

また「野菜から先に食べると太りにくい」って聞いたことありませんか?

野菜から食べると血糖値があがりにくなります。逆にお肉やご飯などを血糖値があがりやすいなります。

この血糖値の急激に上がると、インスリン(ホルモン)が糖分を脂肪に作り変える副作用を持っているため、脂肪がつきやすくなってしまいます。

ですので、野菜の成分をふんだんに含んだ青汁を飲むことは野菜を先に食べることと同じで、脂肪の吸収をやわらげる効果があるのでとてもおすすめです。

また青汁の成分で特におすすめなのが明日葉が原材料の青汁です。

明日葉にはカルコンという希少なポリフェノールが含まれており、内臓脂肪を減少させる効果、血糖値を下げる効果があるためダイエットにはもってこいです!

カルコン配合のおすすめの青汁「ふるさと青汁」はこちら

夜に青汁を飲む。便秘を解消したい人におすすめ。

便秘を解消したい人には夜がおすすめです。青汁には食物繊維がたくさん含まれており、私たちの体は寝ている間に食物繊維を吸収し腸の動きを活性化する効果があるためです。

腸が活性化することで寝つきにくくなる場合は、夕食前に飲むなど青汁を摂取する時間を早めるようにするといいでしょう。

また、夜に飲む場合は青汁の原料にケールが使用されている青汁がおすすめです。

ケールにはメラトニンがたくさん含まれており、このメラトニンが私たちの睡眠を促してくれます。ケールにはキャベツの約37倍ものメラトニンが含まれているため夜に青汁を飲む場合はケールが含まれている青汁を飲むのがおすすめです。

ケールがたくさん配合されているおすすめの青汁「ステラの贅沢青汁」はこちら

まとめ

・栄養を吸収したい人は朝に飲む

・ダイエットしたい人は食事前に飲む

・便秘を改善したい人は夜に飲む

いかがでしたでしょうか?

同じ青汁でも飲むタイミングによってこんなにも効果が違います。

みなさんの目的に合わせた飲み方をおすすめします。

※注意

それぞれの製品に同封されている説明書の指示にしたがって摂取してください。

無理して栄養価を取ろうと、1日の目安量を超えてはいけません。青汁にはたくさんの食物繊維が含まれているため、腹痛などになる場合もあります。